社員旅行バス貸切の基本内容

社員旅行で近場に行くときに、バスを貸し切ってから旅行に行く時があります。
社員旅行でバスを貸し切る場合は、旅行会社に依頼して宿泊先などをセットでお願いすることがほとんどです。
公共交通機関を利用して社員旅行に行くより、バスを貸し切って行くほうが料金的にも安くなりますし、途中でいろいろな名所を回りながら目的地まで行くことができます。
公共機関であれば、電車などの時間に合わせて団体で行動しなければいけませんが、バスの貸切の場合は、スケジュールもこちらの都合で決めることもできます。
さらに、バスには社員しか乗りませんので、道中いろいろな楽しみもできます。
カラオケを歌ったり、みんなで催し物を行ったりもできます。
社員旅行の時に、バスを貸し切る場合、基本セットというのがあります。
どこに行くかというよりは、何日貸し切るかで料金が決まっていますので、バスを最初に貸し切る事で、その後の旅行プランも立てやすくなります。
貸切バスの料金は、1日1台10万円前後で貸し切ることができます。
次第50名近くの団体旅行ができます。
1人当たり2000円程度で貸し切ることができます。
基本料金には、運転手代とガソリン代もはいっています。
運行中の保険代も入っていますので、非常にお得ではないでしょうか。
ただ、バスガイドさんを依頼したり、高速料金や有料道路のお金は含まれていませんので、別途必要になります。
あと宿泊をする場合は、運転手やバスガイドさんお宿泊費は、別途実費精算となります。
運転手とバスガイドが宿泊する場合は、1人1部屋ずつ用意しなければいけません。
宿泊時の朝食と夕食に関しても、実費で払わなければいけません。
バスの基本料金ですが、1日の料金となりますので、旅行で貸し切る場合は、2日以上となりますので、2日の場合は、2日分の料金を支払わなければいけなくなります。
この2日に休日等が含まれている場合は、割増料金を取られます。
あとは、移動する距離でも料金が加算される場合があります。

最新記事